ラボワット ロゴ

大阪・堺の注文住宅 ダイクス建設

建物の基本性能が高く
資産価値の高い長期優良住宅

ナチュラルテイストなリビング

長期優良住宅を標準採用

2009年6月より、新しい住宅の基準として「長期優良住宅」が制度化されました。家の資産価値を明確にするための国が決めた制度です。
この基準は、耐震性能や温熱環境などを厳しい基準に設定しており、一般の住宅がこの性能を満たすためには、コストが大きく上がってしまうケースが多いようです。
しかし、私たちがこれまで提案した家づくりでは、この性能基準を標準的に満たしていたので、長期優良住宅仕様にしたとしてもコストはほとんど変わりません。
つまり、Hauskaでは長期優良住宅が標準仕様となります。将来に向けて資産価値の高い家づくりにこだわりたいと考えているのです。

将来の間取り変更を簡単にするスケルトン&インフィル

そこで考えられた設計手法が「スケルトン&インフィル」です。スケルトン(構造躯体)とインフィル(間仕切り壁、設備など)を分けて設計することで、可変性を大きく向上させます。
マンションなどでは当たり前の考え方ですが、木造で実現できるのはHauskaがSE構法を採用しているからでもあります。

 

HAUSKAダイクス建設の技術の4つの要素

耐震構法SE構法

断熱性能

省エネルギー

 

長期優良住宅

 

資料請求の同封物

お問い合わせ&資料請求はこちら

HauSkaダイクス建設の家づくりにご興味いただいた方は、お気軽にお問い合わせください。
家づくりに参考になる資料をお送りします。また、イベントへのご参加や具体的に来社してご相談をご希望される方も、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。