ラボワット ロゴ

大阪・堺の注文住宅 ダイクス建設

心地よさを実現するために必要な技術

HOME | 技術のこだわり | 耐震構法SE構法

HAUSKAダイクス建設の技術とこだわり

 
SE構法の構造躯体

最強性能をもつ木骨構造 耐震構法SE構法

技術的な性能において、構造躯体は非常に重要な要素です。だから、私たちが提案する木造住宅の構造部分には、日本で最も信頼性の高い木構造と言われている、耐震構法「SE構法」を採用しています。
強度の安定した集成材を特殊なSE金物で強固にラーメン接合することで、構造耐力壁や柱を大きく減らすことができる技術です。この技術を採用することで、大開口窓や広々としたリビング、ビルトインガレージや大きな吹き抜けなど、在来木造や2×4では困難だった自由な空間を安全に実現します。

構造計算による高い信頼性

更にその安全性については、高層ビルと同様の応力解析による構造計算を行うことによって、その安全性が立証されているのです。
設計者の勘と経験のみで構造躯体が決まる在来木造とは根本的に考え方が異なる設計手法です。
また、「完成保証システム」や「第三者工事検査」など、「資産価値の高い家づくり」の理念を共有する「重量木骨プレミアムパートナー」としての活動も積極的に行っています。
重量木骨の家の詳細はこちらへ

構造計算の詳細

充填断熱工法の特徴

HAUSKAダイクス建設の技術の4つの要素

耐震構法SE構法

断熱性能

省エネルギー

 

長期優良住宅

 

資料請求の同封物

お問い合わせ&資料請求はこちら

HauSkaダイクス建設の家づくりにご興味いただいた方は、お気軽にお問い合わせください。
家づくりに参考になる資料をお送りします。また、イベントへのご参加や具体的に来社してご相談をご希望される方も、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。