堺市でダイクス建設が庭と空間にこだわって注文住宅を建てたお客様の声

HOME > お客様の声 > 堺市北区S邸

1.jpg

Q1.家づくり検討し始めたキッカケを教えてください。

子供(男の子2人)が中学生になるころに建て替えたいと思っていました。 建て替え前の家は、50年くらいたっていて住みづらい間取りのため、増改築を何度かしていました。中々全ての改善は難しく、特に冷暖房費が高くかかっていたので、一度は太陽光も検討しましたが耐震的にも不安がありました。
消費税が上がる前にということもあり、省エネ住宅に建て替えることに決めました。

Q2.ダイクス建設と知り合ったきっかけと初めて会った時の印象を教えてください。

ダイクス建設さんとは私(ご主人様)が小学生のころから実家に来られていたので、30年以上前から知っていました。その当時、職人さんが漆喰壁を塗った時、仕上げた直後に釘で壁に絵をかいて大目玉を食った思い出があります。

Q3.ダイクス建設に決めた理由を教えてください。

家を建てることがあれば、ダイクス建設さんに決めていました。

Q4.家づくりで最もこだわったところはどこですか。

1.jpg(ご主人)
一番目は広さです。広すぎず、狭すぎず、私たちが年をとっても使いやすいスペースがあること。私は本が好きなので蔵書が収まる「書庫用移動書架」を用いて、小スペースでも効率よく収納できること。そして、子供たちの動きと私たち大人の動線を分けることでした。
(奥様)
2階にお風呂と洗濯室を作ることでした。洗濯物を干すのも室内干しを希望していました。インナーベランダは天候に左右されずに花粉やPM2.5の心配もなく、使用しないときは広々としたホールとしてマルチな用途に使えるのがいいです。
そして以前は玄関に靴が溢れていましたので、玄関横に収納を兼ねたシューズルームを希望していました。来客があるときも片づける間もなく、雑然としたままで内玄関のシューズルームは必要だと思っていました。
また、階段の位置はリビングを通らないと2階に上がれない場所に設置をお願いしました。


Q5.実際に住んでみての感想を教えてください。

3.jpg(ご主人)
充分な広さがあり、動きやすくて満足しています。
私の蔵書も移動書架に余裕で収まっています。これからも好きな本を増やしても大丈夫だと思います。
子供たちも自分の部屋ができたことで自ら進んで片づけたり、自立が芽生えてきたように思います。


(奥様)
シューズルームは大変重宝しています。玄関の横に家族用の内玄関があることで、子供たちの脱ぎっぱなしの靴も見えず、お客様用の玄関はいつもすっきり整然としています。
リビングの中の階段は、キッチンに立つ私から子供たちの顔が良く見えるので安心感があります。
以前、冬場は各部屋ごとに暖房していたため、一歩部屋から出ると寒さで震えていましたが、今は家全体に温度差もなく快適さを実感しています。
この家の作品事例はこちら

CONTACT
プランニングなどの具体的なご相談はもちろん、資金計画や土地探しなどの初期段階からもお気軽にお問合せ下さい。

TEL 072-257-8008

お問合せお問合せ

堺市のリビングギャラリー

家づくりの流れ

ブログ
耐震100%キャンペーン
耐震構法SE構法
重量木骨の家
重量木骨の家
FP工法の家